top

  • 女の子
  • 出勤情報
  • ブログ
  • お知らせ
  • メニュー
  • 店内
  • アクセス
  • 求人情報
女の子

本日の出勤は

いぶ

18:00~LAST

ゆあ

18:00~23:00

いまり

19:00~LAST

りせ

19:00~24:00

なな

20:00~LAST

イベント情報

『アントナン・ロデ サヴィニー・レ・ボーヌ‘99』

スペシャルグラスワイン

Domaine Champ de Haut 価格1,000

産地  :フランス、ブルゴーニュ サヴィニー・レ・ボーヌ

生産者 :アントナン・ロデ/Antonin Rodet

品種  :ピノ・ノワール 100%

ベルトラン・ドヴィヤールが経営手腕を発揮しているアントナン・ロデ。品質が上がり続けているし、品揃えも様々な産地からの選りすぐりである。現代ブルゴーニュの典型的なスタイルと言えば、 赤は色がかなり濃く、新鮮な赤果実の濃厚なアロマがある。こうしたスタイルを築き上げるのに大いに貢献したのが、アントナン・ロデ社であり、またその優秀な醸造責任者ナディーヌ・ギュブランなのである。

1875年から続く歴史あるメゾンの蔵出し!

ベリー系の赤い果実の香りと熟成香のあるまろやかな赤。ほのかな酸味やタンニンのバランスが心地よく余韻も長めで熟したチェリーのニュアンス。

イベント情報

メロイ ネストリ‘14

☆今週限定!! スペシャルグラスワイン☆

Domaine Champ de Haut 価格1,000

 産地  :イタリア ・フリウリ

生産者 :パオロ・メロイ

品種  :メルロ76.4%、レフォスコ23.6%

コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリの穏やかな斜面に祖父ドメニコがワイナリーの礎を築き、父ダヴィーノが経験を注ぎ込んだワイナリー。樹齢30年以上のブドウ樹が健全に豊かで、凝縮したブドウを生む。現当主のパオロはミアーニのエンツォ・ポントーニと一緒に育ったので、エンツォと一緒に醸造の経験も積みました。2人の行っていた醸造は、当時は反主流でしたが、現在は多くの追随者がいます。醸造所には若い醸造家ミルコ・デガンが働いていて、彼はブドウ畑の責任者でもあります。

熟した色の果実、ミネラル、甘いスパイス、その中に溶け込んだ自然な樽香がとても心地良い。はっきりとした凝縮感はないが、飲んでいくうちにジワジワと湧き上がるような旨味が特徴的。タンニンと調和の取れた酸味のバランスが絶妙にとれていて、メロイの目指すべく美しい味わいを表現しています。

 

イベント情報

『ボー・テルトル・サン・ジュリアン2007』

スペシャルグラスワイン

Domaine Champ de Haut 価格1,000

産地  :フランス、ボルドー、サン・ジュリアン

生産者 :シャトー・デュ・グラナ

品種  :カベルネ・ソーヴィニヨン67% メルロー27% カベルネ・フラン6%

やわらかで、果実味があり葡萄の完熟感があり、つくりもきれい。ボルドーの初心者には理想的。ヴィンテージによってはジャムの様なワインになる傾向もあるが、ふっくらしたワインなので試飲会ではいつでも多くの人に親しまれている。

 

イベント情報

『シャトー ペイ ラ トゥール』

スペシャルグラスワイン

Domaine Champ de Haut 価格1,000

産地  :ランス、シュペリュール&AOC ボルドー

生産者 :シャトー・ペイ・ラ・トゥール

品種  :メルロー82%、カベルネ・ソーヴィニヨン9%、カベルネ・フラン7%、プティ・ヴェルド2%

シャトー・ペイ・ラ・トゥールは、アントル・ドゥー・メール内サルブフ市街地の頂に位置するシャトーです。ドゥルト社は、1990年の同シャトー取得以降、栽培・醸造において大改革を実施してきました。今では170ha以上の畑を土壌・品種・樹齢の違いから90区画に分けて管理しています。これにより、シャトー・ペイ・ラ・トゥールは、数々の受賞を誇る、コストパフォーマンスに優れたボルドーワインとして評価されています。

深みのある美しいルビーの色調。黒い果実のフレッシュなアロマが広がります。口中は複雑で非常にフルーティ。余韻は長く魅力的です。バランスの良いワインです。

イベント情報

『キリカヌーン・カヴァナント・シラーズ』

☆今週限定!! スペシャルグラスワイン

Domaine Champ de Haut 価格1,000

産地  :オーストラリア、クレア・ヴァレー

生産者 :ケヴィン・ミッチェル

品種  :シラーズ100%

 オーナーであり、醸造責任者のケヴィン・ミッチェルは、クロノドルフ、ダーレンベルグ、キングストン・エスート、オーランド、BRLハーディ、ケンダル・ジャクソン、ウィラメット・ヴァレー(米国)など数々の国内外のワイナーで醸造の経験を積み、1998年にキリカヌーンとしての2種類のワインを初リリースしました。ミッチェル家は元々クレア・ヴァレーで30年以上栽培家として活躍してきましたが、ケヴィンがスキロガレ・ヴァレーにあるキリカヌーンと知られていた設備を購入し、その名が与えられました。シラーズやリースリング、カベルネなど主なブドウは、 25年前にクレア・ヴァレーのリーシングハム地区にあるモーツブロックとブロック・ロードの区画の中に植えられており、高い樹齢を誇ります。